ブラックでも融資OK!借入ができる審査の甘い金融

消費者金融の金利はどれくらい?

ブラック即日融資ロゴ画像

消費者金融の金利はどれくらい?

   

無審査や審査の甘い金融会社紹介

24時間対応で来店不要の即日融資!ブラックの方はもちろん主婦の方でも借入ができるから嬉しいですね!

お申込みからわずか10分で融資実行というスピード対応も嬉しいです、急な出費に対応してくれるのでまずは申し込んでみてください。

最大融資額も高く更に激安低金利で多重債務者や金融事故を起こした方でも借りれる優良金融です。

大手金融から借り入れが出来ない方から今すぐにお金が必要な方や誰にも知られずに借り入れをしたい方まで融資を受けれます。

消費者金融の金利について調べてみました

皆さんご存知の消費者金融ですが、金利はやはり気になりますよね。できれば低く借りたいと思うのが普通だと思います。私も結構昔からお世話になることが多いのですが、あまり詳しくは知りませんでした。お金を借りれればいいやくらいにしか思っていなかったのです。

実際消費者金融からお金を借りることができれば、返済のことは後回しになって深く考えたりしません。でもこれについて詳しく調べてみるといろんなことが分かったし、これはお金を借りるときには必ず知っておいた方がいいなということに気付かされました。なので今回は、消費者金融の金利について話をしていきたいと思います。

消費者金融の金利はやっぱり高い?

消費者金融でお金を借りるというのはカードローンという形になります。どういうことかというと契約すると専用のカードが発行されます。このカードをATMで使用することで現金を引き出すことができます。このカードローンという手法は銀行と信販会社も利用しているので、比較するときは銀行と信販会社と比べることとなります。詳細を見てみるとやはり消費者金融の金利の方が、銀行や信販系よりも高いという特徴が見られます。

でもこの金利は最高限度額に近づくにつれて、この3つは大体同じ金利になるのです。もし少ない金額を借りるのであれば、銀行や審判系の方が低くなります。なぜこのような特徴があるかというと、カードローンというのは無担保です。もし回収ができなくなったら、大変です。なので銀行や信販会社はそういう時に保証会社が代わりに返済をしてくれます。消費者金融にはこれがありません。消費者金融の方が高い理由は、こう言ったことがあるからなのです。

法定金利はこうなっている

消費者金融の金利を見ていく時に押さえておかなければならない法律は、出資法と利息制限法の2つです。出資法で定められている上限は、どれだけお金を借りても20%と決められています。一方利息制限法では20%以下までは次のように決められています。借入額が10万円以下なら20%まで、借入額が100万円未満なら18%まで、借入額が100万円以上なら15%までという形になっています。

これは年利での数字になります。借入金額が多くなればなるほど低い金利になっていくんですね。以前まで出資法の上限金利は29.2%だったのですが利息制限法では20%となっていました。この金利の幅のことをグレーゾーンといい、このゾーンの中でお金を貸していたのです。それが問題となり法律が改正されたのですが、世に言う過払金というのはこれが深く関係しています。

消費者金融の金利を比較してみた

消費者金融の金利を比較する時に注目しなければならないのは、上限の数字です。でも上限金利を見てみると、消費者金融でも銀行でも信販会社でもあまり変わりはありません。なのでそんなに細かく調べる必要はありません。なので一応確認しておくという認識だけでいいと思います。下限に関していえば、これは限度額いっぱいまで利用した時に適応されるものなので考える必要はありません。

普通総量規制という貸金業法の項目で、年収1/3以上は借入ができないと決められています。限度額最大まで借り入れることができる人はそんなにいません。なので下限に関しては考慮する必要はないのです。

闇金の金利は違法設定

消費者金融の金利について話してきましたが、一つ大事なことをお伝えしてきます。それは闇金についてです。闇金はその名の通り闇の消費者金融で違法行為を繰り返している業者です。もちろん金利も違法な設定です。どのくらい違法かというと、10日で10%の利率設定です。トイチという言葉を聞いたことがある人もいると思いますが、あれはこの10日で10%とという意味です。

10日で10%とということは1日1%。要は1年で365%ととなってしまいます。これはたった1年で元金の3.6倍もの利息が発生するということなのです。恐ろしいですよね。そんな金額返済できるわけがありません。返済できないと闇金業者はここぞとばかりにつけ込んで、どんどん絞り取られていきます。皆さん闇金にだけは絶対に手を出さないようにしましょう。もし利用してしまったらすぐに法律事務所に相談してください。それで問題は解決します。

消費者金融の金利は大体年利18%から20%だと意識しましょう

消費者金融を利用する人の金利は大体18%から20%になることが多いです。ただ返済しても利用額がまた元に戻るのでついつい使ってしまうのがカードローンです。とても便利な分、使い方を間違えると返済に追われてしまって残る金額が少なくなりまた借りなければならなくなります。

これではなんのためにお金を借りているのか分からなくなりますし、自己破産などの金融事故を起こしてしまってブラックリストに載ってしまう可能性が出てきます。皆さんも消費者金融を利用するときは、使い過ぎ借り過ぎには十分気をつけましょう。

 - ブログ

  関連記事

no image
消費者金融の時効について

目次1 消費者金融の借金に時効は適応されるのか?2 時効が成立する条件2.1 時 …

no image
消費者金融の審査基準について

目次1 消費者金融の審査基準を知りたい1.1 審査基準はスコアリングで1.2 収 …

no image
総量規制とは

皆さんは総量規制という言葉をご存知ですか?お金を借りる時に聞いた事があるとか、消 …

no image
消費者金融の利用方法

目次1 消費者金融の利用方法を詳しく解説2 消費者金融の利用方法の流れ2.1 消 …

no image
消費者金融の取り立てについて

消費者金融はお金を貸してそこに金利を上乗せして、利息と元金を返済してもらう事で売 …

no image
消費者金融の返済について

目次1 消費者金融の返済について知ると沢山のメリットがある2 消費者金融の返済方 …

no image
カードローンとは

皆さんはほとんどの方が、カードローンという言葉を聞いたことがあると思います。でも …

no image
審査に落ちる原因は?

クレジットカードやローンなどに申し込む際に避けて通れないのが審査です。もちろんこ …

no image
クレジットカードでキャッシングしてみよう

目次1 クレジットカードでのキャッシングについて1.1 キャッシングとは1.2 …