ブラックでも融資OK!借入ができる審査の甘い金融

消費者金融の取り立てについて

*

消費者金融の取り立てについて

   

無審査や審査の甘い金融会社紹介

24時間対応で来店不要の即日融資!ブラックの方はもちろん主婦の方でも借入ができるから嬉しいですね!

お申込みからわずか10分で融資実行というスピード対応も嬉しいです、急な出費に対応してくれるのでまずは申し込んでみてください。

消費者金融はお金を貸してそこに金利を上乗せして、利息と元金を返済してもらう事で売り上げと利益を上げています。なのでお金を貸したのにそれを回収できないと、赤字を出してしまって、円滑な営業ができなくなってしまいます。

こうなってしまうと消費者金融は会社を存続させていく事が困難になってしまいます。なのでお金を貸した際には必ず消費者金融独自の返済プランを立てて、利用者からお金を回収しています。しかしそれでも返さない人はいるものです。

そうなるとやはり「取り立て」というものを行わなければならなくなります。そんな消費者金融の取り立てについて、消費者金融の取り立てのルールや流れについて話していこうと思います。今実際に消費者金融からお金を借りている人は、必見の情報です!

消費者金融の取り立ては怖いのか?

消費者金融の取り立てと聞くと、なんだか怖いイメージがあると思います。私も以前まではドラマや漫画の影響で、かなり恐ろしいイメージがありました。消費者金融は一昔前まで、サラ金や街金などと呼ばれていて、銀行以外にも小規模ながらお金を貸してくれるという事で、とても便利な金融機関でした。

しかし高度成長期からバブルがはじけるころまでの消費者金融の金利は100%を超えるなど、かなりの高利貸しだったのです。お金をたくさん持っていたバブル期の人達は、高金利でもお金を借りたいという人が多く、沢山の人が消費者金融を利用していました。

しかしバブルがはじけて経済が低迷し始めると、返済が滞り最終的に自己破産してしまう人が急増し始めました。そして返済ができない人達に対するかなり過剰な取り立てが、社会問題にまで発展していったのです。

当時はそれらの過剰な取り立てを規制する法律が無かったので、消費者金融はやりたい放題だったのですが、約10年前に貸金業法や出資法が改正されて、取り立て方法もかなり規制されていったのです。

これらの法律に違反してしまうと営業ができなくなってしまうので、今現在、過度な取り立てを行う消費者金融はほとんどありません。しかしそんな中でも、違法な取り立てを行うような闇金は存在し、きちんと営業している業者と闇金の区別は年々つきづらくなってきています。

なので次は、取り立て時にしてはいけないことについて話していこうと思います。

取り立て時にしてはいけない事

取り立て時にしてはいけない事は、法律により厳しく決められていて、消費者金融の会社ごとにもきちんとルールを定めているところもあります。それらの取り立て時にやってはいけないことについて詳しく見ていきます。

まず「借主の家に大人数で押しかける」「21時から8時までの時間に家に行ったり電話をする」これらの事はやってはいけないことになっています。しかし一昔前までは普通に行われていました。

「お金を借りていることを借主以外の他の人に言う」「他の金融機関から借りて返済を迫る」これらの事もやってはいけないことになっていますが、これらはかなり精神的に苦痛を強いられるような内容ですよね。

「弁護士や裁判所から借主が債務整理を行うという通知を受け取ったのに返済を迫る」これはもう借主が債務整理や自己破産を行うという意思が固まった状態なので、消費者金融側は一切介入できません。

「乱暴をしたり暴言を吐いたり大声を上げる」ここまで来ると精神的にもそうですが、体調を崩してしまう事もあります。このような取り立ては絶対してはいけないことになっています。

「きちんとした畏友も無しに借主の勤務先に電話をしたり出向いたりする」「法律上返済義務のない借主の周りの人に返済を迫る」これらの事も法律で厳格に規制されています。こういう事までされると、本人の社会的信用が無くなってしまい、友人を無くしたり会社を退職せざるを得ない状況まで追い込まれたりします。

以上の様に借主の生活や人生が脅かされるようなことは一切やってはいけないことになっているのです。

取り立ての流れ

前の項では取り立て時にやってはいけない事を書きました。しかし返済をしないとやはり取り立てを行わなければなりません。この項では、取り立て時にやってもよい取り立てを順序立てて説明していきます。

最初は「督促の電話」です。返済が指定日までに行われなかった場合、督促の電話がかかってきます。この電話ではいつまでに返済ができるかを聞かれて、それまでに返済ができれば電話がかかってくることはありません。しかし連絡が取れない場合は、個人名ですが勤務先にかかってくることもあります。電話がかかってきたら、必ず出て返済の意思を示しましょう。

次は「督促状」です。会社名は記載されてはいませんが、この事で家族にばれてしまうケースもしばしばです。督促状にも応じない場合は家に催促に来ることもあります。家の中まで押し掛けてくるという事はありませんが、かなり頻繁に来るという事もあるので、ちゃんと対応しましょう。

3つ目は「延滞情報登録」です。信用情報機関の延滞情報に登録される、つまりブラックリストに載ってしまうという事です。こうなってしまうと新たに銀行や消費者金融の審査に通らなくなり、クレジットカードの新規発行ができなくなる可能性があります。このブラックリストは5年くらいで消されるという話もありますが、こうなってしまうと日常生活がとても不便になります。

最後4つ目は「法的措置を取られる」という事です。今書いたような督促に応じないと、裁判所から内容証明郵便が送られてきます。そして財産の差し押さえをされてしまうのです。これらの事をされている時でも、消費者金融からの督促は続きます。これらのような取り立ての流れになります。怖い事をされることはありませんが、もし督促の電話が来た時はきちんと出て真摯に対応しましょう。

最後に

消費者金融も利益を求める企業です。自分が消費者金融からお金を借りた場合には、必ず返済しなければなりません。しかしそれを怠ると催促されるのは仕方のない事です。

借りる場合にはきちんと返済計画を立てて、無理のない返済を行っていきましょう!最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 - ブログ

  関連記事

no image
審査に落ちる原因は?

クレジットカードやローンなどに申し込む際に避けて通れないのが審査です。もちろんこ …

no image
カードローンとは

皆さんはほとんどの方が、カードローンという言葉を聞いたことがあると思います。でも …

no image
総量規制とは

皆さんは総量規制という言葉をご存知ですか?お金を借りる時に聞いた事があるとか、消 …