ブラックでも融資OK!借入ができる審査の甘い金融

消費者金融の審査基準について

*

消費者金融の審査基準について

   

無審査や審査の甘い金融会社紹介

24時間対応で来店不要の即日融資!ブラックの方はもちろん主婦の方でも借入ができるから嬉しいですね!

お申込みからわずか10分で融資実行というスピード対応も嬉しいです、急な出費に対応してくれるのでまずは申し込んでみてください。

最大融資額も高く更に激安低金利で多重債務者や金融事故を起こした方でも借りれる優良金融です。

大手金融から借り入れが出来ない方から今すぐにお金が必要な方や誰にも知られずに借り入れをしたい方まで融資を受けれます。

消費者金融の審査基準を知りたい

消費者金融などでお金を借りたい場合、申し込んだからと言って必ずお金を借りれるとは限りません。お金を借りる事が出来なかったという人は沢山います。私も消費者金融や銀行に融資の申し込みをしても、全然通らなかったという経験は山ほどあります。

しかし消費者金融の審査基準についてきちんと調べてみると様々な事が分かり、ここをきちんと押さえておけば消費者金融からお金を借りる事が出来るという事が分かりました。今回はその消費者金融の審査基準について話していきたいと思います。

これを読んで皆さんも消費者金融の審査基準をきちんと知って、お金を借りましょう。

審査基準はスコアリングで

消費者金融の審査基準は、スコアリングというシステムを使っています。これは申し込み者の情報に点数を付けて、その点数で評価するという方法です。この点数が高ければ高いほど消費者金融の審査に通り易くなります。

このスコアリングのやり方は消費者金融ごとに基準が違うのですが、お金を貸すという事に関しての審査なので、評価する部分はほとんど同じです。そしてきちんとこの人は返済能力があるのかどうかを、慎重に審査します。

このスコアリングは2種類あります。「属性」と「信用情報」です。属性スコアリングには、職業・雇用形態・勤務先・勤続年数・年収・居住年数などです。信用情報スコアリングとは、他社でどれくらい借りていて金融事故があるかという部分を見ます。

借入軒数・借入額・返済履歴などです。これらを簡単にまとめると、「収入」は歩合よりも固定給が高く、「雇用形態」はパートアルバイトよりも正社員の方が評価は高いです。「職業・勤務先」は自営業者よりも、公務員や上場企業の方が高評価です。

これらはあくまで一例ですが、実際は、かなり細かく分析されてスコアリングが行われます。消費者金融の審査はスピードが大事です。このスコアリングでふるいにかけられた後に、人の手で細かく審査が行われます。

収入と雇用形態は重要

審査基準というものは各消費者金融で違うのですが、重要視される項目はほぼ同じです。その中で特に重要とされる項目があります。その重要視されるポイントについ話していこうと思います。

普通年収が多い方が審査に通り易いと思われるのですが、それは事実であり少し違うという側面も持っています。消費者金融では年収が多いというよりも、少なくても安定性がある方が審査に通り易いというデータがあります。

年収500万で収入が無い突きがある人よりは、年収300万で毎月安定的に収入がある人の方が審査に通り易いのです。実際に借り入れをしたことがある人の1/4は、年収200万円未満というデータがあります。

年収が低くても安定しているかどうかというのが重要なんですね。ただ安定した収入と言っても週3日以上の勤務が重要視されます。単発バイトなどでは難しいでしょう。そして雇用形態も大事なポイントです。

雇用形態が安定していた方が、返済にも影響がないからです。上場企業の正社員や公務員は評価が高くなり、パートアルバイトでは評価が低くなります。なお消費者金融は勤務先を確認するために、在籍確認というものを行います。

在籍確認とは個人を装って勤務先に電話をし、本当にその会社に在籍しているかどうか確認するためです。なので、申し込み時に嘘を書いてもすぐにばれてしまいます。

金融事故と他社の借り入れ

延滞や債務整理、自己破産などの金融事故を起こしてしまうと、信用情報機関に事故情報が登録されてしまいます。事故情報というのは、個人が過去に金融事故を起こしてしまった事を示す情報です。

この信用情報は金融機関の間で共有されていて、消費者金融が申し込み者から申し込みがあったら、必ず確認しないといけないことになっています。もしこの信用情報機関に事故情報が載ってしまうと、5年間は借り入れが出来なくなってしまいます。

ようは「ブラックリストに載る」という事です。最近ではスマートホンの分割払いが滞ってしまって事故情報が載ってしまうというケースが多いそうです。そして他社の借入です。

消費者金融では他社の借入軒数をとても重要視していて、5軒以上の借り入れがあると審査に通らなくなります。また総量規制という制度があるので、年収の1/3以上の借入は出来なくなっています。

消費者金融の審査を通り易くするには

これまで消費者金融の審査ポイントを見てきましたが、審査に通り易くするためにはどうしたらよいのでしょうか?まず同じ会社で1年以上勤務する事です。

勤務年数はとても重要視されます。同じ会社で長い期間働いている人ほど、転職で年収が減るリスクが低いと判断されるためです。1年未満ではなかなか通りません。そして既存の借入先を1・2社に絞って申し込みをしましょう。

1・2社に絞るためにまとめローンなどを活用するといいです。これは既存の借入先を減らすやり方で、借入先が減るので、新たな審査に通り易くなります。このような状況をつくって申し込めば、消費者金融の審査に通り易くなるでしょう。

 - ブログ

  関連記事

no image
消費者金融の時効について

目次1 消費者金融の借金に時効は適応されるのか?2 時効が成立する条件2.1 時 …

no image
総量規制とは

皆さんは総量規制という言葉をご存知ですか?お金を借りる時に聞いた事があるとか、消 …

no image
クレジットカードでキャッシングしてみよう

目次1 クレジットカードでのキャッシングについて1.1 キャッシングとは1.2 …

no image
消費者金融の取り立てについて

消費者金融はお金を貸してそこに金利を上乗せして、利息と元金を返済してもらう事で売 …

no image
カードローンとは

皆さんはほとんどの方が、カードローンという言葉を聞いたことがあると思います。でも …

no image
審査に落ちる原因は?

クレジットカードやローンなどに申し込む際に避けて通れないのが審査です。もちろんこ …