ブラックでも融資OK!借入ができる審査の甘い金融

総量規制とは

*

総量規制とは

   

無審査や審査の甘い金融会社紹介

24時間対応で来店不要の即日融資!ブラックの方はもちろん主婦の方でも借入ができるから嬉しいですね!

お申込みからわずか10分で融資実行というスピード対応も嬉しいです、急な出費に対応してくれるのでまずは申し込んでみてください。

最大融資額も高く更に激安低金利で多重債務者や金融事故を起こした方でも借りれる優良金融です。

大手金融から借り入れが出来ない方から今すぐにお金が必要な方や誰にも知られずに借り入れをしたい方まで融資を受けれます。

皆さんは総量規制という言葉をご存知ですか?お金を借りる時に聞いた事があるとか、消費者金融のサイトを見ていたら書いてあった、というのはよく聞きます。しかし総量規制について事細かく知っている人は少ないように思います。

これは銀行や消費者金融からお金を借りようとする時に、知っておいた方がいいとても大事な事です。今回は、その総量規制について話していきたいと思います。これでお金を借りようと思っている人は、安心して借りれると思います。

総量規制って一体何?

総量規制とは、消費者金融などの貸金業者から借り入れられる金額が年収の1/3までと決められているという制度の事です。年収が300万円の場合は100万円まで、年収が1000万円であれば300万円までしか借りる事は出来ません。

この年収1/3までというのは、各貸金業者から借りたお金がそれぞれ年収の1/3というわけではなく、全ての貸金業者から借りたお金の総額です。なぜこのような制度が誕生したかというと、債務者を守るためです。

総量規制ができた約10年前以前は、沢山借金をしすぎて多重債務に陥ってしまうという問題が沢山発生していました。多重債務に苦しみ、最悪自殺してしまう人も多かったのです。そこでこのような規制を設ける事で、多重債務にならないようにしているのです。

債務者がどれくらいの借金があるあというのは、信用情報機関で調べる事が出来ます。貸金業者は申し込みフォームに書かれた収入や収入証明書、そしてこの信用情報機関の借入額を調べて、年収の1/3かどうか審査しているのです。

総量規制には除外と例外がある

しかしその総量規制ですが、除外されたり例外があったりします。「除外」される例として例えば、自動車購入時の自動車担保貸付・不動産担保または不動産改良のための貸付・不動産担保貸付・高額療養費の貸付・有価証券担保貸付などがあります。

このような除外の例がなぜあるかというと、例に挙げたような自動車の購入や住宅の購入はとても大事な買い物だからです。これにこの制度を適応してしまうと、大変なことになってしまいます。

そして「例外」です。この例として、顧客に対して有利な借換え・緊急を要する医療費貸付・社会通念上緊急に必要である認められる費用を支払うための貸付・配偶者の年収と自分の年収の合計が1/3以下の貸付・個人事業者に対する貸付などです。

上記に挙げた「顧客に対して有利な借換え」とは、最近よく聞く「おまとめローン」の事です。おまとめローンとは、数社から借り入れている合計金額を、他の貸金業者から借り入れて一括返済し、その一社に返済していくというものです。

このやり方であれば、月々の返済額が減ったり金利が少なくなったりとメリットがあります。私も以前この「おまとめローン」を利用したことがあります。数社から借りている金額の合計を、銀行1社から借りた100万円で返済しました。

その後は5年かけてその銀行1社に返済していったのです。1社にすることで月々の返済額は2万円ほど下がりましたし、今は1社のみを返済しているという精神的安心感もありました。

このおまとめローンは本当におすすめですので、検討されている方は是非試してみて下さい。

総量規制対象外のもの

そもそも総量規制対象外のものもあります。それは銀行から借り入れる場合です。銀行とは、信用組合・信用金庫・農協・労働金庫などです。この総量規制というものは、貸金業法で設定されている制度です。

貸金業というのは分かり易く言うと消費者金融の事です。よって銀行はこの制度の対象外となります。かといって銀行では好きな金額を何度でも借りる事が出来る、というわけではなくきちんと審査があるので注意が必要です。

クレジットカードのショッピング枠について

実はクレジットカードについては、2種類に分かれる事になります。クレジットカードは一般的にショッピング枠とキャッシング枠に分けられています。

ショッピング枠は買い物できる金額の上限、キャッシング枠とはカードを使ってATMでお金を借入れる事が出来る上限の事です。総量規制はこのキャッシング枠には適応されますが、ショッピング枠には適応されません。

あくまで現金をいくら借りているのか、という部分に焦点が当てられます。だからといってショッピングで買ったものを売って現金化する、という事は絶対にやめましょう。一時的に現金は手に入りますが、そのお金は必ず返さなければなりません。

そのような行為をあっせんする悪徳業者もいますので、十分注意しましょう。

総量規制を考慮して借りよう

総量規制について話してきました。以外に適応されない部分が多くてびっくりです。でもきちんと知っておけば、お金を借りる時にとても役に立ちますし、自分は借金が多いからと諦めかけていた人でも、借りる事が出来るかもしれません。

もし総量規制が気になるなら、銀行のカードローンを利用してみる事をお勧めします。銀行は総量規制の対象外ですからね。これを読んでいる皆さんが、無事にお金を借りれるように願っています。

 - ブログ

  関連記事

no image
消費者金融の取り立てについて

消費者金融はお金を貸してそこに金利を上乗せして、利息と元金を返済してもらう事で売 …

no image
カードローンとは

皆さんはほとんどの方が、カードローンという言葉を聞いたことがあると思います。でも …

no image
消費者金融の審査基準について

目次1 消費者金融の審査基準を知りたい1.1 審査基準はスコアリングで1.2 収 …

no image
クレジットカードでキャッシングしてみよう

目次1 クレジットカードでのキャッシングについて1.1 キャッシングとは1.2 …

no image
審査に落ちる原因は?

クレジットカードやローンなどに申し込む際に避けて通れないのが審査です。もちろんこ …

no image
消費者金融の時効について

目次1 消費者金融の借金に時効は適応されるのか?2 時効が成立する条件2.1 時 …